北海道函館湯の川温泉ホテル万惣の公式ブログ詳細

インスタグラム
公式ブログ

公式ブログOfficial blog

【広大な敷地に咲き誇る桜】松前公園の桜

  • 2020.04.27

函館から車で2時間ほど、日本最北の城下町である松前町の松前公園には、
約23万5000平方メートルの広大な敷地に、およそ250種10000本の桜が植えられています。
白壁の松前城(福山城)と桜のコントラストは素晴らしく、歴史ファンにも人気のスポット。

松前の桜は、かつて松前城下で財力を誇った商人や、
京の都から輿入れした藩主の奥方たちがふるさとを偲んで植えたり、
藩主や侍たちが参勤交代の際に江戸から持ち帰ったのが始まりとも言われています。
この藩政時代からの古木は、今も花を咲かせています。

日本さくら名所100選にも選定された松前の桜は、早咲き、中咲き、遅咲きとさまざま。
公園近くには、樹齢300年以上と言われる光善寺境内の「血脈桜(けちみゃくざくら)」
龍雲院の「蝦夷霞桜」、天神坂門の「夫婦桜」の「三大名木」もあり、特に人気です。
津軽海峡を見おろす高台の景色も素晴らしく、夜は城をライトアップするなど、魅力にあふれています!

(現在、新型コロナウイルスの影響によりライトアップや祭りは中止しております)

桜の名所「松前公園」

松前の桜

北海道きっての桜の名所、松前町

  • このエントリーをはてなブックマークに追加